高床免震の理念

HOME > 会社概要

高床免震の理念

私たちが<高床免震>で目指すこ事。それは、建物を建てるだけではありません。

スターツコーポレーション株式会社副会長兼
スターツCAM株式会社 取締役

関戸 博高

地域の安全・地域への貢献

1995年の阪神大震災を目の当たりにして私は痛感しました。「地震に対して地域を安全に維持することは建築技術者としての使命だ」と。旧来の耐震設計法では建物こそ損壊しないが、家具の転倒は人命に危機を及ぼします。免震であれば、家具は転倒しにくいことが実証されています。免震を広く普及し地域の安全を守ることが、高床免震における社会貢献だと考えます。

免震は建築技術の粋である

免震の原点は古来より存在しました。地震の激しい揺れを受け止め、柔らかく受け流すという発想は、日本の飛鳥時代に既に生まれていました。日本の寺社には組手としてその技術が存在しています。この発想が現代まで進化を続けて免震に到達します。現代の免震は科学的な実証を繰り返し、緻密なデータ解析を行うことで成り立っています。日本で次の大きな地震被害が起こる前に、この最先端技術の粋を広く普及したいです。

地震には減災

震災には「減災」という考え方があります。電子情報化により地震発生の数秒から十数秒程度前に「大きな揺れが来る」と瞬時に伝わります。実際の地震被害を最小限に減らすのにも効果があります。免震建築物は、オーナーの資産を守ることはもちろん、地域住民にとっては一定の避難所の役割も果たせます。地域の防災・減災に役立ち、非常時に人心の安定があってこそ、個人の資産も守ることができます。時代が免震技術の普及を求めているのです。

事業の採算に乗せる

免震を取り入れたからといって、事業としての採算に合わなければ意味がありません。高床免震では免震建築による賃貸事業の採算性を重視します。また、仲介・運営・管理・ファイナンスなどの指導も含めたバックアップ体制をとっています。免震の普及は経済から切り離された技術だけでは成り立ちません。

井戸はコミュニティを高める

建物が壊れなくてもライフラインを絶たれたら生活できません。飲み水は配給されるかもしれませんが、トイレや風呂で水が不足するのは困ります。防災用の井戸が在り、少しの飲み水が得られれば数日間はしのげます。井戸は古来より地域において神聖なものとして扱われてきました。その役割を見直したいと思います。井戸の存在はその地域コミュニティの核となります。井戸に人が集まることで、コミュニティとしての力も増します。災害時には地域の力は欠かせません。平時には植栽用散水・道端の水盤として利用し、地域の潤いに役立つものとして計画したいです。

独自の免震工法で地震に負けない街を目指す
(レポート、会計事務所向け専門誌「実務経営」2007年10月号掲載)
免震の権威
(エッセイ、日本経済新聞「交遊抄」2007年7月31日掲載)
デベロッパーではなくメーカーとしての安心できる住宅供給
(対談、日本建築学会出版「建築雑誌」2007年6月号掲載)
高床免震ロゴ

高床免震はスターツCAM株式会社が取得する特許工法を用いた免震の建築商品です。

スターツCAM株式会社

免震開発本部
連絡先:03-6860-3330
住所:東京都中央区日本橋3-4-10
スターツ八重洲中央ビル6F

・高床パートナー加盟に加盟を検討されている建設会社

>>> お問い合わせ

・免震の建築に興味をお持ちの方

>>> お問い合わせ

・免震の賃貸住宅に入居希望の方

>>> 免震に住む

高床免震の歩み

1995年
阪神淡路大震災
1997年
免震建築商品化スタート
受注営業活動開始
1999年
免震マンション第1号受注
2004年
「高床免震」の開発
高床免震マンション第1号受注
防災用井戸併設の提案開始
2005年
テレビコマーシャル放映開始
高床免震フランチャイズ化を発表
2006年
免震・井戸・オール電化を組み合わせた防災賃貸住宅「オールセーフ」を東京電力と提携し、開発
東京工業大学・東大地震研究所と共同研究スタート
パートナーズ加盟店募集開始
中部電力と販売協力
日本免震構造協会 作品賞 受賞「ホテルエミオン東京ベイ」
民間初の起震車「地震・免震体験車」導入
静岡にて、パートナー会社免震営業開始
2007年
3階建企画型免震マンション発表
狭小地での中間層免震が完成
静岡・金沢・仙台・名古屋にて、起震車による免震イベント開催
ハイ免震(エス・テク・リソース社)がグループ入り
2008年
免震建築受注100棟超
パートナーズにて、初の免震賃貸マンション完成(静岡県)


東京都江戸川区にある井戸


災害時にトイレになる
防災用「マンホールトイレ」